確実に南京虫駆除をしていくためのポイント

害虫も駆除していこう!

害獣の他にも様々な悪影響をもたらす存在に害虫がいます。害虫の中でも特に被害を出しているのが「南京虫」となっているでしょう。南京虫は人に噛みついて痛みや痒みを発生させるので注意が必要です。そんな南京虫のことを把握して、駆除をしていくのが大事と言えます。

知っておこう!南京虫とダニの違いについて

南京虫

別名「トコジラミ」とも呼ばれる南京虫は害虫と設定されている危険な虫です。5ミリ~8ミリの大きさで肉眼で確認することができ、血を好みます。よくダニと間違われますが繫殖力が非常に強いのが特徴でしょう。

ダニ

ダニは南京虫と間違われやすいですが、肉眼ではよく分かりにくいほど小さい虫となっています。ダニは皮膚の柔らかい部分である噛んでいくのが特徴です。また、南京虫と違って人から吸血することはないでしょう。

確実に南京虫駆除をしていくためのポイント

南京虫

被害が出たら早急に業者に依頼する

南京虫が布団やベッドなど室内のあらゆるところで繁殖してしまうと全身の至る部分が刺されてしまい、痒みと痛みで苦しんでしまうでしょう。被害を広げないためにも、見覚えのない虫の刺され跡があったら南京虫を疑って業者に調査を依頼することです。室内のチェックを業者に任せて、南京虫を見つけていくと良いですよ。

南京虫

迅速に駆除をしていくことが大事

業者に調査を依頼して南京虫を発見することが出来たら、早めに南京虫駆除をしていく必要があります。南京虫に関しては異常な繁殖スピードを持っているので早期対応が大事ですよ。早めに業者が駆除をすることによって、南京虫の被害が最小限に抑えられる可能性もあるでしょう。南京虫駆除は24時間365日受付対応をしているので、気になった時点で連絡をしていくことです。

駆除にはあまり時間をかけすぎないこと!

上記にも記載がありますが、南京虫の恐ろしさは繁殖のスピードです。少しでも被害を放置したらあっという間に室内全体が南京虫だらけになってしまうでしょう。そのため、南京虫駆除は時間をかけずにスピーディーに対応していくのがポイントですよ。